1. HOME
  2. コラム
  3. みる
  4. 反骨のグラフィティ作品を一望

反骨のグラフィティ作品を一望

ザビエル・タピエス著、和田侑子訳『バンクシー ビジュアル・アーカイブ』から

 メッセージ性の強いグラフィティ(落書き)作品で知られる英国の匿名芸術家バンクシー。本書には、都市の壁などに描かれてすでに消された作品も含め、初期作から新作までの主要52点が載る。
 反戦、反権力、反資本主義。皮肉とウィットに富んだ作品は小気味よく、時に胸にしみる。近年は、世界の矛盾を詰め込んだ期間限定の遊園地(英国)や、パレスチナの分離壁前にホテル(これも作品)を設けるなど、大規模な取り組みも。もし日本に来たら何を描くだろう。(小川雪)=朝日新聞2018年9月1日掲載