1. HOME
  2. インタビュー
  3. 中学生と教師の視点、絡み合う謎 坪田侑也さん「探偵はぼっちじゃない」

中学生と教師の視点、絡み合う謎 坪田侑也さん「探偵はぼっちじゃない」

坪田侑也さん

 一人の高校生小説家が脚光を浴びている。15歳の時に書いた『探偵はぼっちじゃない』(KADOKAWA)を出した坪田侑也さん(17)。作品は、万城目学さんらを世に出したボイルドエッグズ新人賞受賞作で、小説と向き合う熱情を投影した長編ミステリーだ。
 小学2年の時、児童文学作家・はやみねかおるさんの『名探偵夢水清志郎事件ノート』シリーズを読んだ。「トリックが暴かれた瞬間に全身に衝撃が走った。それが僕の出発点です」
 中学生になると毎年、夏休みに自らテーマを決めて取り組む課題があった。「迷わず小説を書くことを選んだ」。中学3年の夏、集大成として本作を書いた。同級生に勧められて応募し、見事に受賞。改稿を経て今年3月末に刊行された。
 物語は中学3年の男子生徒・緑川と新米男性教師・原口の2人の視点で描かれる。緑川は夏休みに謎の同級生・星野から一緒に推理小説を書かないかと誘われる。一方、原口は自殺サイトに自校の生徒が登録していると知り、登録者が誰なのか突き止めようとする。それぞれの謎が交錯した時、物語が大きく動き出す。
 繊細な心理描写も光る本作は、中学生パートと教師パート、さらに作中作パートが絡み合う構成だ。選考したボイルドエッグズ社の村上達朗社長は「弱冠15歳が、こんなにも複雑な構造の小説を書けたことに驚いた」と話す。
 現在は慶応義塾高校の2年生。約180センチの長身で、今春までバレーボール部に所属していた。受賞後の改稿では、勉強と部活と小説の掛け持ちに苦労した。「毎日ヘトヘトでしたが、自分を突き動かしたのは本を出せる誇りでした」
 年齢が注目されるが、本人は「若さというバリューが使えるのは、あと数年余り。頼らないよう力をつけたい」。友達が携帯で時間をつぶす時、小説を読んで糧にしている。今年2月には村上社長に誘われて芥川賞・直木賞の贈呈式に出向き、こう決意した。「いつか同じ場所に立ちたい」(宮田裕介)=朝日新聞2019年6月29日掲載